管理人がほしい商品&お勧め商品


    [ --/--/-- --:-- ]

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
    [ 2010/08/23 10:18 ]

    新谷弘実・著『病気にならない生き方』の続きを読んで肉が体に悪いという事を知った

    新谷弘実・著の病気にならない生き方を読み始めました

    以前、太る為のヒントがあるかもと新谷弘実・著『病気にならない生き方』を読み始めましたで紹介した『病気にならない生き方』の続きを読んでみました。

    前回読んだところは、牛乳が体に悪いというショッキングな内容となっていました。
    それを読んで以来、毎日のように食べていたヨーグルトを食べなくなりました(汗)
    そして極力乳製品も摂らないようにしています。

    なんて影響を受けやすいんだろうか僕。

    そして、今回読み進めた所ではさらにショッキングな内容が書かれておりました。
    それは、「人間よりも体温の高い動物の肉は体によくない」という内容です。



    肉が腸を悪くする


    本の中では動物食に含まれるタンパク質が体に悪いと書かれています。
    以下はその内容です。

    肉食が腸相を悪くする最大の理由は、肉には食物繊維がなく、脂肪やコレステロールを大量に含んでいることにあります。肉食を続けていると、腸壁がどんどんかたく厚くなりますが、これは食物繊維がないために便の量が極端に少なくなり、その少ない便を輩出するために腸が必要以上に蠕動(ぜんどう)しなければならなくなるからです。つまり、過剰な蠕動運動により、腸壁の大部分を構成する筋肉が鍛えられて厚く大きくなってしまうのです。こうして腸はかたく短くなっていきます。

    腸壁が厚くなると、内控は狭くなっていきます。かたく狭くなった腸の内圧は高くなるのですが、動物性タンパクに加えて脂肪も大量に摂取して腸周辺の脂肪層が厚くなるので、さらに腸壁に圧力がかかります。こうして腸内の圧力が高くなると、中から外に向かって粘膜が押し出されるという現象が起きます。この現象が「憩室(けいしつ)」と呼ばれるポケット状のくぼみを作り出します。

    こうなると、ただでさえ量の少ない便は腸の中を進むのがむずかしくなります。その結果、腸の中に長く停滞する「停滞便(宿便)」がたまってきます。その停滞便は腸壁にこびりつくようにたまるのですが、そこに憩室があれば、そのポケット状のくぼみに停滞便が入り込み、さらに排出されにくくなります。
    憩室やひだの間にたまった停滞便は毒素を発生し、その部分の細胞に遺伝子変化を起こさせポリープを作り出します。そのポリープが成長し、ガン化していくのです。

    腸相の悪化は、大腸ガン、大腸ポリープ、憩室炎などさまざまな大腸の病気を引き起こすだけでなく、子宮筋腫、高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満、乳ガン、前立腺ガン、糖尿病などの生活習慣病を発病します。

    との事。
    スゲー内容ですね。
    肉を食べ過ぎると腸の環境がどんどん悪くなっていくんですね(汗)

    肉はあぶない

    タンパク質の摂取は植物食、魚から


    上で述べているようにお肉を食べ過ぎると体に悪いことが分かりました。
    さらにお肉が体に悪い理由をなるほど!と思うような事で説明しています。
    それは、

    牛や豚の体温は、人間よりも高い38.5?40度。鶏はそれよりもさらに高い41.5度です。こうした動物の脂は、その温度でもっとも安定した状態にあるということです。
    つまり、それよりも体温の低い人間の体内に入ったときには、ベタッと固まってしまいます。

    この脂のベタつきが、血液をドロドロにしてしまうのです。ドロドロになった血液は、流れが悪くなり、血管の中で停滞したり詰まったりします。
    これを私は「血が汚れる」と称しています。

    一方、魚は変温動物ですから、通常の状態であれば人間よりはるかに低い体温をしています。その脂が体温の高い人間の体内に入るとどうなるでしょう。
    フライパンなどで脂を熱すると、溶けてサラサラの液体になります。それと同じことが起こるということです。

    魚の脂が血液をサラサラにし、悪玉コレステロールを下げるといわれているのは、このためです。
    ですから、同じ動物性タンパク質でも、肉でとるより魚でとるほうが、人間の体にははるかによいのです。

    との事でした。
    な、なるほど。
    確かに、肉の脂が体の中でベトってなるのは悪そうです(汗)

    野菜と肉は、6対1で召し上がれ

    途中まで読んだ感想


    正直この本をまだ全て読めてないので、ピンポイントでしか紹介できません(汗)
    しかし、肉が体に悪いなんて考えたこともありませんでした。

    ネットで調べて見ると賛否両論あるみたいです。
    まぁこんな事書けばいろんな所から猛反発くらうことは間違いないでしょうね(^^;)

    結局の所、これを読んで自分に合う合わない食べ物を選ぶ基準としていけばいいんではないかと思います。

    とりあえず早く全て読んでしまいたいと思います(汗)



    病気にならない生き方

    病気にならない生き方

    価格:1,680円(税込、送料別)



    太りたい痩せすぎている管理人が検索した高カロリー食品
    太りたい痩せすぎている管理人の実験日記のショッピング
    ------------------------------------------------------------------------
    (8月23日の管理人の食事と体重)
    【  朝の食事   】梨、野菜ジュース = 70kcal
    【  昼の食事   】会社の弁当 = 300kcal
    【  夜の食事   】ご飯、ロールキャベツ、鯖の煮つけ、サラダ = 700kcal
    【 総摂取カロリー 】1070kcal
    【 体重(朝計測時)】47.8kg
    【 体重(夜計測時)】48.6kg
    ------------------------------------------------------------------------ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ 2010/08/23 10:18 ] 生活・健康 | TB(0) | CM(0)


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://garigariweb.blog66.fc2.com/tb.php/214-a6b7ed0d