管理人がほしい商品&お勧め商品


    [ --/--/-- --:-- ]

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
    [ 2011/01/20 15:12 ]

    食事の理想と現実

    食事の理想と現実

    皆さんはちゃんと朝昼晩と食事を摂っているでしょうか?
    成人の平均摂取カロリーはおよそ1800kcalが標準と言われています。
    ですので朝昼晩と600kcakずつ摂取すれば1800kcal摂れます。

    しかしなかなか朝昼晩と3食ちゃんと摂るのって難しくありませんか?

    私の場合、朝は時間がなくて何も食べないことが多いです。
    朝食を抜かすと朝摂れなかったエネルギーを昼と夜で摂取しなければいけません。
    と言うことは900kcalずつ摂取しなければならないことになります。

    これは大変(汗)
    なかなかバランスよく食事するって難しいです。



    理想の食事


    自分が思い描く理想の食事とはどういうものでしょうか?
    これは人によって異なります。

    太っている人や、体脂肪が気になる方はエネルギーを摂取しすぎているということなので、カロリーを控えめにした食事が理想ですよね。

    逆に私のようにガリガリに痩せている人にとっては、エネルギーを沢山摂れるようなメニューにしなければなりません(汗)

    しかし、どちらにも共通して言えることは栄養のバランスが大事だという事。
    人間に必要な栄養素は、糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルの5つです。
    これらがバランスよく含まれた食事が理想的な食事なのです。

    エッセンシャル基礎栄養学

    栄養バランス


    ではバランスのとれた食事をするにはどうすればいいのでしょうか?
    それには「主食+主菜+副菜」という献立を意識することが最も簡単です。
    これにみそ汁などの汁物を加えればミネラルも摂れてなお良しです!

    ちなにみ、主食とは、ごはんやパン、麺などの糖質源を指します。
    主菜とは肉や魚、大豆類、卵などのタンパク質源。
    副菜とは野菜やキノコ、海藻などのビタミン・ミネラル源のことです。

    なお、外食メニューでも定食類はだいたいこの組み合わせになっていることが多いので、外で食べるときは定食を頼むのがオススメです☆

    人気の低カロおかず

    現実


    以上の事を意識すればかなり理想的な食事が楽しめます!
    しかし、分かってはいてもついつい食べ過ぎたり、時には飲み過ぎたりしてしまいがちです。

    現在の日本の食事は欧米よりになってきており、カロリーオーバーしている人が多いようです。
    私にしてみれば羨ましい限りですが(笑)肥満は、脳梗塞や心筋梗塞、また糖尿病などの病気の引き金になることがありますので注意して欲しいと思います。

    病気になってしまえば、楽しい食事が出来なくなってしまいますからね!
    皆さんも気をつけましょう!



    太りたい痩せすぎている管理人が検索した高カロリー食品
    太りたい痩せすぎている管理人の実験日記のショッピング
    ------------------------------------------------------------------------
    (1月20日の管理人の食事と体重)
    【  朝の食事   】エレンタール,団子 = 400kcal(脂質3g)
    【  昼の食事   】会社の弁当,エレンタール = 650kcal(脂質5g)
    【   間食    】エレンタール = 300kcal(脂質0g)
    【  夜の食事   】ご飯,すき焼き,サラダ,エレンタール = 900kcal(脂質30g)
    【 総摂取カロリー 】2250kcal(脂質38g)
    【 体重(朝計測時)】51.6kg
    【 体重(夜計測時)】52.1kg
    ------------------------------------------------------------------------ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ 2011/01/20 15:12 ] 生活・健康 | TB(0) | CM(0)


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://garigariweb.blog66.fc2.com/tb.php/362-6f3cea57