管理人がほしい商品&お勧め商品


    [ --/--/-- --:-- ]

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
    [ 2011/02/08 13:58 ]

    痩せすぎによる弊害

    痩せすぎによる弊害

    私は28年間ずーっと痩せています。
    学生の時に一時56kgまで体重が増えた事がありましたが、大体平均すると49kgくらいでした。
    ですので、この体型が当たり前になってしまい

    「太っているよりマシ」

    程度にしか感じていなかったのですが、健康診断の時やニュース等で痩せ過ぎも身体に悪いと聞かされる事が多くなってきました。
    痩せているとどんな弊害があるのでしょうか?

    調べて見ると、恐ろしい程さまざまな情報が出てきました(汗)
    その中でも恐いものをいくつかピックアップしてみました。



    死亡率が上がる


    痩せていると、死亡率が普通の人や太っている人に比べて高いそうです。
    痩せているかどうかを調べるには世界共通の肥満度をはかる計算式があります。
    それがBMI(ボディマス指数)です。

    BMI = 体重(kg) ÷ ( 身長(m)×身長(m) )

    こちらの計算式でBMIが18.5未満が「痩せている」と判断されます。
    そして最近はBMIが22kg/m2を基準として計算されているようで、理由はBMI 22kg/m2が総死亡率が低いと言う報告からだそうです。

    この死亡率は、肥満もよくないのですが、死亡率が増し始めるのはBMI 27kg/m2からであり、逆に痩せている方は、BMI 22.9kg/m2以下から死亡率が高くなるとのこと…!!

    なんだと!

    ちなみに私のBMIはなんと

    17!

    ハハ!死亡フラグが立っております(泣)

    なぜ死亡率があがるのか?
    それは諸説あるのですが、痩せていると免疫力が少なくなったり、身体の抵抗力が落ちるためなどといわれています。

    免疫力を上げる「食」の本

    癌になりやすい


    さらに痩せていると特に男性ですが、癌になる確率がかなり高くなります(汗)

    国立がん研究センターのHPに肥満度(BMI)とがん全体の発生率との関係についての研究成果が載っているので見て欲しいのですが、それによると

    男性の場合BMIが21から29の間はがん発生率はさほど変わらないものの、BMIが21未満のやせ型と30以上の高度肥満はがん発生率が高くなるU字曲線を描くとのこと。特に

    BMI19未満のすごく痩せている男性はものすごくがん発生率が高くなる

    という結果が出ております(泣)
    ちなみに女性の場合太っていても痩せていてもガンの発生率はあまり変わらないそうです。

    なんだと!

    な、なぜ男性だけなんだ…!!
    ハハ、死亡フラグ確定か!?

    癌では死なない

    精子が減少する


    これはだいぶ前の記事になるのですが

    肥満ややせ過ぎの男性は、適正体重の男性に比べて精子の数が少なく、密度も低いことが、欧州での研究で明らかになったそうです。

    しかし体重がどうして精子に影響するのかは不明だとのこと。

    記事のソースはこちら。
    http://plus.news2ch.net/read.php/1098441593/

    この研究は、デンマーク・オールボルグとオランダ・アムステルダムの2都市で、軍へ入隊する
    前の健康診断を受けた男性のうち、精液の提供に応じた1558人を対象に実施された。

    対象者の平均年齢は19歳だった。

    研究チームでは、対象者の身長と体重からBMI(肥満指数)を算出。BMI20?25の「標準グループ」と、それを上回る「肥満」、下回る「やせ過ぎ」のグループに分けて、精子の状態を比較した。

    その結果、肥満グループでは標準グループに比べ、精子の数が28・1%少なく、密度が36・4%低いことが分かった。やせ過ぎグループの精子も、数が21・6%少なく、密度が23・9%低かった。

    こうした差について、研究チームは「肥満の場合とやせ過ぎの場合で原因が違うのではないか。やせ過ぎの男性は何らかの慢性疾患を抱えている可能性もある」と述べている。

    一方、米国の専門家、アンソニー・トーマス・ジュニア博士によると、体重はホルモンの分泌と密接な関係がある。
    健康な男性の体内では微量の女性ホルモンが分泌されているが、脂肪細胞には女性ホルモンを生成する働きがあるため、その増減によってホルモンの均衡が崩れることも考えられるという。



    なんだと!

    これはもう男として痩せているイコール諸悪の根源といえるのではないでしょうか(泣)
    痩せてて良い事って本当に無いような気がします…。

    あなたの知らない精子競争

    不妊になりやすい


    これは女性に言えることなんですが、ご自分の身長の標準体重をかなり上回ったり下回ったりしてしまうと、
    妊娠しづらいらしいです。

    誤解の無いようにしてほしいのですが、「妊娠できない」のではなく「妊娠しづらい」という事です。

    適正体重に戻せば、そのうち70%の方が妊娠できるそうなのですがそれは一体なぜかというと「ホルモンバランス」が原因だそうです。

    女の人でよく無理なダイエットをして生理不順になる人いますよね??

    ホルモンは脂溶性で、身体のなかでは体脂肪に蓄積されます。
    体脂肪が多くなると排卵が起こりにくくなり、月経サイクルが乱れます。
    エストロンという女性ホルモンが過剰になり、バランスが崩れてしまうのです。
    その結果無排卵になってしまうことさえあります。

    逆に痩せすぎでは、ホルモンの原料である脂質が足りなくなることや、あったとしても、エストリオールという弱い女性ホルモンに変わってしまうため、生殖能力が低下してしまうんですって!

    [参照:http://s.freepe.com/std.cgi?id=hunin&pn=60]

    まとめ


    ここまで述べたように、痩せていて良い事は一つもございませんでした(汗)
    太り過ぎももちろん良くないのですが、痩せ過ぎもこれだけ身体に悪影響が出るんですね。

    ちなみに一番バランスが良いのはBMIが22くらいが丁度いいそうです。

    BMIを22にするためには私の場合だと65kgの体重が必要です(汗)
    これは前代未聞の数字です(;゚д゚)ゴクリ…

    みなさんも1度自分のBMIを計算してみてはいかがでしょうか??




    太りたい痩せすぎている管理人が検索した高カロリー食品
    太りたい痩せすぎている管理人の実験日記のショッピング
    ------------------------------------------------------------------------
    (2月8日の管理人の食事と体重)
    【  朝の食事   】エレンタール = 300kcal(脂質0g)
    【  昼の食事   】会社の弁当 = 300kcal(脂質10g)
    【   間食    】エレンタール2P = 600kcal(脂質0g)
    【  夜の食事   】ご飯,鍋,うどん,エレンタール = 1000kcal(脂質20g)
    【 総摂取カロリー 】2200kcal(脂質30g)
    【 体重(朝計測時)】52.0kg
    【 体重(夜計測時)】53.6kg
    ------------------------------------------------------------------------
    FC2ノウハウ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ 2011/02/08 13:58 ] 生活・健康 | TB(0) | CM(0)


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://garigariweb.blog66.fc2.com/tb.php/374-a04dd8ec