管理人がほしい商品&お勧め商品


    [ --/--/-- --:-- ]

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
    [ 2010/03/11 15:31 ]

    痔瘻が再発してしまった!痔瘻手術体験記【再発までのエピソード編】

    痔瘻手術体験

    実はこの度、肛門の病気「痔」の中でも一番なりたくないと言われる、「痔瘻」が再発してしまいました。
    今回、手術&入院することになったのでその記録を日記に書いておこうとおもいます。

    その前に再発までの経緯をちょっとだけ紹介しておきます。



    痔瘻の始まり


    私がこの「痔瘻」になったのは2008年の6月です。

    最初トイレで普通に大を出したときにおしりにピリッと痛みが走ったのが始まりでした。
    もともとイボ痔だったのでそれのせいかな?とあまり深く考えていませんでした。

    しかしそれがにっくき「痔瘻」との戦いの始まりでした。

    肛門周囲膿瘍へ発展


    最初にチクッを感じてから次の日より、ことあるごとに肛門がズキン、ズキンと痛みます。
    この時点ではまだイボ痔がこすれて痛みがあるのかな?と言う程度で考えていました。
    しかし、イボ痔の痛みならそんなに長く続かないのに今回はいっこうに収まりません。

    おかしいな?と思い家で肛門ちゃまを見てみるとちっちゃくプクッと出来物みたいなものがありました。

    ん?

    これはイボ痔ではないな?何かが出来ている。
    それでもこの時はかぶれているのか?とオロナインを付けて様子を見ることにしました。
    それで2?3日様子をみたでしょうか。
    痛みは続き、出来物は治るどころか大きくなっていきました。

    出来物の位置は肛門から7時の方向です(肛門からみて背中側を6時、お腹側を12時というらしい…)
    4?5日くらい経ったときでしょうか、出来物は小指の先くらいにまで大きくなってきており、痛みは最高潮。
    挙げ句の果てには38度の熱まで出てきたので、これはおかしいと思いネットで調べると「肛門周囲膿瘍」の可能性があることが分かりました。

    また「肛門周囲膿瘍」は応急処置をして暖めるのではなく、冷やすほうがいいらしいとのことでその日は氷をビニールにいれそれを直接幹部に当てて対処しました。

    これは痛みもずいぶん楽になります。(冷たくて感覚が麻痺したのか?)

    こんな感じで立派な「肛門周囲膿瘍」ができあがったのです。

    肛門周囲膿瘍を切開


    いてもたってもいられない状態だったので次の日肛門科へ駆け込みました。

    すると予想どおり「肛門周囲膿瘍ですね」との診断。
    「では切開しますね」とこれまた予想通りの展開。

    ネットで下調べしていたので腹づもりはしておりました。
    そして局所麻酔。

    これがビックリするほど

    痛い


    今までで打たれた注射の中でダントツの痛さでした。

    でもこれで「肛門周囲膿瘍」の辛さとおさらばできると思い我慢!!!!!
    切開自体は全く痛くありませんでした。
    その後は痛みも熱も収まり、一安心だと思っていたのですが先生より

    「痔瘻になる可能性があります」とのお言葉。

    これもネットで調べたときに書いてあったので頭の片隅にはあったのですが、実際に言われてみると相当へこみます。

    あと、麻酔が切れるとかなり痛いので麻酔が切れる前に痛み止めを飲むことをお勧めします!!!!!

    肛門周囲膿瘍から痔瘻へ


    肛門周囲膿瘍は治りましたが、次のステップ「痔瘻」が待っていました。

    先生いわく「肛門周囲膿瘍」から「痔瘻」にならない人も希にいるがだいたいは「痔瘻」になります。と言われました。

    とりあえずは経過を見ることとなりました。

    が、予想どおり数日後の検査で「痔瘻」が確定し、晴れて「痔瘻」患者の一員となってしまいました。

    痔瘻の手術


    「痔瘻」が確定しこれからの治療ですが「痔瘻」を治すには手術しかありません。

    その前に痔瘻とは

    肛門の奥にある「肛門陰窩」(こうもんいんか)というくぼみから便が入り込んで感染し、膿のたまりをつくり、 切開したり自然に破れたりして出来た出口から出てくる「膿の通り道」が出来てしまった状態のことを言います。 簡単に言うと、肛門の穴とは別の出口をもつ「膿のトンネル」です。



    んで、この「膿のトンネル」は放っていても治らないうえに「痔瘻癌」へ発展することがあるらしく早期に手術した方がよいのです。

    こんな知識もネットで収集済みの私はなんの迷いもなしに手術を決断しました。

    手術も痔瘻のタイプによって分けられます。

    痔瘻のタイプは以下の通り

    入り口と出口の関係により、痔瘻は「単純なもの」と「複雑なもの」とに分類されます。
    瘻管の入り口と出口が同じ方向にあるものを「単純痔瘻」、違う方向にあるものを「複雑痔瘻」と言います。

    ■ また「膿の通り道」がどこにあるかによって?型??型まで4種類に分類されます。

    ?型:皮下痔瘻
    厳密な意味では痔瘻に含まれない。主に裂肛の感染によって生じる浅いタイプの痔瘻。 括約筋は貫かない。
    ?型:筋間痔瘻(低位と高位と2種類ある)
    低位筋間痔瘻:内括約筋と外括約筋の間を通り、下方(肛門側)に伸びるタイプ
    高位筋間痔瘻:内括約筋と外括約筋の間を通り、上方(直腸側)に伸びるタイプ
    ?型:坐骨直腸窩痔瘻
    内外括約筋を貫いて肛門挙筋の下の方に伸びるタイプ
    ?型:骨盤直腸窩痔瘻
    内外括約筋を貫いて肛門挙筋の上の方に伸びるタイプ


    このうち私の「痔瘻」は?型の低位筋間痔瘻でした。

    ですので「ろう管切開開放術」という術式になりました。

    麻酔は腰椎麻酔です。

    また局所麻酔のように痛いのかな?とビクビクしていましたが、チクッとするだけで普通の注射と変わりありませんでした。

    手術中も痛みはなし。
    何かされている感覚はありましたが気になりませんでした。

    時間的には20分くらいで終了しました。

    術後1時間位休んで家に帰ってきたのですが、麻酔が切れ始めると想像を絶する痛みが襲ってきます。

    これも麻酔が切れる前に痛み止めを飲んでおくことを強く押すすめします!!!!!!


    そして最初の試練は、大便を出すことです。
    これは手術した人のみが知る恐怖です。

    なんせお尻の穴がぱっくり裂けているわけですから(汗)

    これは個人差があるので何とも言えませんが、私の場合は痛くありませんでした。
    と言うのも事前に痛み止めを飲んでいたので感覚が麻痺していたのでしょうね。
    しかし大便を出した後は便器が血だらけでした。ヒー!

    痔瘻根治手術からその後


    手術から数日経つと痛みもなくなってきます。
    一ヶ月位したら私の場合だいたい傷もふさがりました。

    よし、これで治った!と喜んでいました。
    しかし2、3ヶ月経って傷も治っているのにたまにピリッとした痛みが走るのが気になっていました。

    でも手術した後だから痛むのは当たり前だろうと思っていたんです。
    そう、「痔瘻」が再発するまでは…

    痔瘻根治手術から一年が経過。そして再発へ


    「痔瘻」の手術を受けて一年が経ち、時折ピリッとしていた痛みもなくなった頃、大便をした後また出血がみられました。

    最初に書いたとおり私はもともとイボ痔ももっていたのでそれの出血だろうと思って深くは考えなかったのですが、通常の出血だけでなく排便後に肛門がジワーっと重苦しい感じに襲われるようになりました。

    痛いのでなく、熱い?というか重苦しいような、残便感があるような…表現が難しいのですがとにかく不快な感じが続くのです。

    それも決まって大便をした後!!

    そして大体2時間くらいその不快感が続きます。

    この症状は何だろうか?変だなと思いつつもまだイボ痔のせいでは?と思っていました。



    長くなってしまうので今日はここまで。

    次回は痔瘻が再発してしまった!【再発と診断されるまで編】をお送りします!!

    ブログの趣旨とは違う日記ですが、これも自分の記録として書いておくことにします(笑)


    平田雅彦の切らずに治す痔の本

    平田雅彦の切らずに治す痔の本

    価格:1,470円(税込、送料別)



    太りたい痩せすぎている管理人が検索した高カロリー食品
    太りたい痩せすぎている管理人の実験日記のショッピング
    ------------------------------------------------------------------
    (3月11日の管理人の食事と体重)
    【  朝の食事   】おにぎり2個 = 300kcal
    【  昼の食事   】会社の弁当 = 300kcal
    【  夜の食事   】ご飯、酢豚、味噌汁 = 700kcal
    【 総摂取カロリー 】1300kcal
    【    体重     】48.8kg
    -------------------------------------------------------------------- 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ

    [ 2010/03/11 15:31 ] 痔ろう手術体験記 | TB(0) | CM(0)


    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://garigariweb.blog66.fc2.com/tb.php/71-56d777e9